働き方 生き方

「根拠のない思い込み」をうまく使って目標達成しよう!

唐突ですが、あなたは、夢をお持ちですか?昔はあったけど、大人になって夢を語ったところで出来ないことが多いからと諦めたという方が多いのではないでしょうか?
そして、自分の子どもに対しても「夢を見るな。現実を見ろ」なんてことも言ったりしてませんか。

確かに現実は大変厳しいものだと思います。大人になるまでの数々の経験から子どものことを心配した結果発した言葉でしょう。

しかし、この世の中には、「根拠がなくても思い込み」、夢に向かい成功している人もいます。

そういった偉人を紹介しつつ、夢を忘れた大人にも生かすことが出来ないかを考えてみました。

スポンサーリンク




根拠のない思い込みが強い偉人

松下幸之助

彼はパナソニック(松下電器)の創業者です。彼は、塾生とのやりとりで自分が成功した理由をこのように語ってられます。

1つ目は、家が貧しかったからです

彼は、大変貧しい家で生まれ、子どもが多いので9歳で丁稚奉公に出されます。そのおかげで目の前の人に尽くすという商いの原理原則を学ぶことができ、貧乏がゆえにお金の価値を身をもって学ぶことが出来たから成功したとのこと。

2つ目は、頭が悪かったからです

彼の最終学歴は小学校中退。松下電器に入社してくる社員は自分より頭が良かった。だからこそ社員に仕事を任せることができたと。自分より優秀な社員さんを心から信頼されていたから成功したとのことです。

3つ目は、身体が弱かったからです。」

彼は、身体が弱かったから全ての工場を1人出回ることができなかった。だから事業部をつくり各部のリーダーに回らせ、自分に報告してもらうことで、工場を増やし、経営規模を拡大したことで巨大企業まで成長したとのこと。

ここでご質問ですが、あなたは先ほどの3つの理由、成功する根拠があるように思えますか?根拠にはなりませんよね。

私たちは「お金持ちで、大卒で、身体が強い」方が、成功しやすいんじゃないかと思い込んでいます。

もちろん、彼が生きた時代が高度成長する良い時代だったというのはあります。しかし、ほとんどの方は、先ほどの理由なら成功するとは思えないので行動できないと考えがちですよね。

ところが、松下幸之助氏はマイナス面とは捉えなかったから成功したのでしょう。

根拠なく突き進み、学び努力し、部下を信頼することが出来たが彼のすごいところですよね!

ライト兄弟

次は、世界で初めて有人飛行に成功したことで有名なライト兄弟です。

ライト兄弟は世界中が有人飛行機開発している中で、5メートルを飛ぶのがやっとだった時代に飛行テストで最長260m近く飛んでます。

この話を聞くまでは、その時代では凄い飛行機を作ったんだろうなって、私は思ってました。

ところが違いました。ライト兄弟が飛ばしたライトフライヤー号は飛ぶはずがない飛行機だったそうです。

現代の技術でライトフライヤー号を復元し、いくら空力実験・物理的計算をしても飛べないそうです。実際、再現した飛行機で実験しても失敗したそうです。

それでも、なぜライトフライヤー号は飛んだのか・・・・

それは、彼らが絶対に飛べる」と信じていたからです。飛べると信じているからこそ、何度も何度も失敗しても諦めなかった。

結果的に彼らは、本来飛べるはずのない飛行機を飛ばせる技術を身につけ、ライトフライヤー号を飛ばすことができたというわけです。

彼らの挑戦がなければ、飛行機が人を乗せて飛べるという認識が世界に広まることは、だいぶ先になってたかもしれません。

根拠のない思い込みがある彼らが特殊

って、考えられる方のほうが多いと思います。だって、根拠がないんですから。私もかつては「何でもできる!」なんて言ってる人は信用できませんでした。

しかし、根拠があることというのは、いわゆる決まっていること。根拠さえあれば絶対にそうなるということです。

そんな確実なことってありますでしょうか?ぶっちゃけ100%こういう結果が出ますというのは、研究されつくした数学の計算や理科の実験ぐらいではないでしょうか?

例えば、人間関係とか、仕事で成功するかどうかとか、はたまた交通事故もそうです。

恋人が欲しくてデートに誘ってOKをもらう確率、独立してお客さんを確保できるかという確率、交通事故に遭う確率、確率が1:99はあるかもしれませんが、0:100なんてありません。予想が出来る場合はありますが、絶対にそうなるという根拠はありません。

世の中は相当あいまいに出来ています

そのあいまいな部分をプラスの方向で考えれば、私たちでも可能なんじゃないでしょうか。

根拠のない思い込みを持ち、使うには

そこで私たちも根拠のない思い込みを持ち、使うにはどうすべきか。

結論は、根拠のない思いこみで何かが出来るはずだとワクワクし、自分を信じ努力を継続していくことだと思います。

「いや、それじゃあ単純に努力を継続していけば成功するんじゃないの?」

っておっしゃいそうですが、そこは精神論のようなもので、努力だけではつまんないので一般的に弱く、継続が困難だからです。だから根拠のない思い込みが必要です。

強い意志というのは、「自分ならできる!」という強い根拠がない思い込みからきてますから。

自分を信じられるようになり、根拠のない思い込みを生み出すには、新しいワクワクするような挑戦をし、成功体験を積むしかありません。

新しい挑戦は小さくても構いません。例えば、ちょっと勉強しないと受からない資格取得でも良いんじゃないでしょうか?未知という部分ならYoutube動画投稿とかでも良いですねw

出来れば楽しいことですが、何でもいいんです。普通ならしないだろうなということに挑戦し体験していくうちに、根拠がなくても自分を信じられるようになります。

楽しみつつ、自分をいかに信じ続けられるか?ということが、夢をかなえるのに必要な根拠のない思い込みということなんじゃないかと私は考えてます。

まとめ

ということで、今回は、「根拠のない思い込み」をうまく使って目標達成しよう!ということで記事にしました。

近頃は、根拠なしでは行動できないという人が増えています。それだけ、日本が平和で安全な国であるからだと思いますが、今後、国際的に成長していくためには、根拠がなくても思い込む力があったほうがいいのではないかと思いました。

そこで、以前より少し進化した自分というものを作り出すにはどうすべきか?と考えた末、時代錯誤かもしれませんが、こういった精神論のような話になりました。

しかし、この概念があれば目標達成が可能だと確信してます!

私も、この概念を使い、日々研鑽していき実証して行きたいと思いますので、今後ともよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク







-働き方, 生き方
-, ,

© 2020 ろしおログ Powered by AFFINGER5